KTC 株式会社国際テクノロジーセンター

shape shape

導入事例福利厚生施設利用手続きを電子化して会社と社員の利便性アップ!大手企業 ITコンサルティング アプリケーション開発

shape shape

導入事例福利厚生施設利用手続きを電子化して会社と社員の利便性アップ!大手企業 ITコンサルティング アプリケーション開発

  • 業種事業内容都市交通・沿線事業、ホテル・レジャー事業、不動産事業
  • 課題課題福利厚生施設を利用する際の煩雑な手続きの簡略化
  • 活用方法活用方法福利厚生施設の利用手続き、入場確認、施設利用状況確認
  • 決め手決め手提案力、対応スピード、デザイン性、コスト
  • 効果効果ペーパレス運用の実現
  • キーワード キーワード コスト削減 ペーパーレス 業務改善

福利厚生施設への入場手続きがアプリで簡略化

アプリから簡単に福利厚生施設への入場手続きができ、従来は会社に対して紙ベースで手続きを行っていたため手続きに時間が掛かっていましたが、このシステムで人も時間も掛からず手続きを簡略化させることができました。

福利厚生施設への入場手続きがアプリで簡略化

福利厚生施設への入場時の確認が簡単・確実に実施

入場手続済みの従業員が福利厚生施設を利用する際に、システムを使って簡単に入場チェックができる仕組みが実現しました。従来は紙ベースで入場確認を行っていたため、入場履歴を全く取れていませんでしたが、システム化により確実に入場履歴を取ることができるようになったため、今後の利用改善にも生かしていくことができます。

福利厚生施設への入場時の確認が簡単・確実に実施

福利厚生施設への入場履歴により戦略的に施設改善を行うことが可能

どの施設をどの所属の従業員が何人利用されたのかを正確に掌握できますので、統計を取り今後の事業戦略に生かしていくことができます。また、履歴確認は、事業所ごとに行えますので、それぞれのスコープでの検討に集中することができます。

福利厚生施設への入場履歴により戦略的に施設改善を行うことが可能

カテゴリ別の事例はこちらから

TOP